出版コンサルティングのケイズパートナーズ 出版コンサルティング@Google+ページ 出版コンサルティング@FBログ 商業出版するには@グルっぽ 商業出版への道@グルっぽ

2017.06
05
07


123456789101112131415161718192021222324252627282930
HOME>  TotalPages161 prev next

06/06のツイートまとめ

Wed

shuppanproduce

第13回だいのみ。に参加しました https://t.co/KLlXiSiTlE
06-06 12:33

06/05のツイートまとめ

Tue

shuppanproduce

出版社に売込みやすいジャンル(商業出版に必要な企画書) https://t.co/p25nuYMOA6
06-05 06:00

06/02のツイートまとめ

Sat

shuppanproduce

現在は著者が本を売る時代。企画会議で「アマゾンキャンペーンで2000部は売ります。売れ残ったら買い取ります」と言ってみてください。出版社としては、2000部の販売を確保することになりますので、企画を通す敷居は間違いなく下がります。 https://t.co/0YBISJBYzp
06-02 06:00

まずはアメブロ内でファンを作ろう(アメブロから出版する方法) https://t.co/C1yLWzWew3
06-02 17:00

06/01のツイートまとめ

Fri

shuppanproduce

正しい出版の方法なんて、それほど難しいコトではありません。価値あるコンテンツを、必要としている出版社に、最適な形で届ければいいんです。そのためには、どういう形での出版を目指すのか?という出版形態を最初に決める必要があります。 https://t.co/sLxb04e3Gu
06-01 06:00

著書を売ってやるという覚悟(書籍を書きたい、出したい、執筆したい) https://t.co/ZHqTbwRKJd
06-01 17:00

05/31のツイートまとめ

Thu

shuppanproduce

売れているのに2冊目が決まらないのには理由があります。本が売れているが利益がない場合。本の企画などが合わない場合。出版社のカラーに合っていなければ出したくても出せません。そして著者と関わりたくないと思われた場合。 https://t.co/WZRbx53Tnn
05-31 06:00

出版社が企画を検討する上でも、著者プロフィールはとても重要な項目ですので、出版企画書ができたら、必ず、著者プロフィールをチェックしてみてください。ポイントは、その企画書の内容をこの著者プロフィールの人から聞きたいと思うかどうかです。 https://t.co/HHpHleJ1Iz
05-31 17:00