出版コンサルティングのケイズパートナーズ 出版コンサルティング@Google+ページ 出版コンサルティング@FBログ 商業出版するには@グルっぽ 商業出版への道@グルっぽ

2016.06
05
07


123456789101112131415161718192021222324252627282930
HOME>2016年06月  TotalPages3 next

06/29のツイートまとめ

Thu

shuppanproduce

原稿執筆は産みの苦しみ(本を出版する方法) https://t.co/FiTW79cHyw
06-29 06:00

”量”というのは記事の文字数と記事の数です。1記事800文字以上は必要です。さらに図や写真が1点以上あれば言うことはありません。記事の数は最低でも40記事はほしいところです。定期的に更新されているように見えることが重要です。 https://t.co/dYCbWznyaW
06-29 17:00

スポンサーサイト

06/28のツイートまとめ

Wed

shuppanproduce

出版社には通りやすい企画があります。それは、改訂、バージョンアップ、ニューモデルなどです。それは新規や新商品ではありません。これは、我々のような編集プロダクションやライターさんが、常に意識していることでもあります。 https://t.co/ZvpFDBizPM
06-28 06:00

最大のメリットは、知り合う人が大きく変わることでしょう。今まで会えなかった人と対等に話ができるようになります。出版することにはこれだけのメリットがあるのですから、是非、挑戦してみましょう。 https://t.co/I44USgcmOD
06-28 17:00

06/27のツイートまとめ

Tue

shuppanproduce

あなたが、この出版企画書の内容を本にする目的は何ですか?本が出版されて、あなたは何をし、どうなるのですか?出版する時に、この二つの質問に明確に答えられれば、出版は必ずや成功するでしょう。 https://t.co/xACEAIxBh2
06-27 06:00

出版企画書に書く本の仕様とは(本の出版企画書の書き方) https://t.co/tCWguoIX6J
06-27 17:00

06/24のツイートまとめ

Sat

shuppanproduce

出版社がブログを見た時に信頼性がなくてはなりません。プロフィールやデザインなども見られますが、更新頻度が重要です。特にブランディングブログでは、更新頻度や継続更新されているかどうかが信頼を得るキーとなります。 https://t.co/NDIRro0L2F
06-24 06:00

写真は基本的には撮影者の作品です。また、写真に映っている人には肖像権が発生します。人のホームページを掲載する場合、許可を取るのが一般的ですが、URLを掲載する場合は問題ないというのが業界内の暗黙の了解となっています。 https://t.co/VUs1x5ngXZ
06-24 17:00

06/23のツイートまとめ

Fri

shuppanproduce

出版でビジネス(仕事)を加速させるスパイラルをつくる(ビジネス(仕事)に役立つ出版の方法) https://t.co/53gwcZ6Iu0
06-23 06:00

著者名は本名か? ペンネームか?(書籍を書きたい、出したい、執筆したい) https://t.co/g7DnpztD8r
06-23 17:00

06/22のツイートまとめ

Thu

shuppanproduce

ソーシャルブックマークへの登録(アメブロから出版する方法) https://t.co/8rJlBsi1HQ
06-22 06:00

出版企画書の構成案(目次案)のブラッシュアップ(商業出版に必要な企画書) https://t.co/TW1IApHaas
06-22 17:00

06/21のツイートまとめ

Wed

shuppanproduce

出版プロデューサーを決める時には、編集としてサポートまでしてくれるのか確認しましょう。実際にトラブルが発生してから、私のところに相談に来られる方もけっこういらっしゃいますが、途中からのサポートというのはなかなか難しいものがあります。 https://t.co/dTta1ffWNO
06-21 06:00

近年は読者の嗜好が細分化され、出版するチャンスは広がったのですが、それぞれの市場は狭くなっています。つまり、類似本を何冊も出版できる市場は少ないので、その市場を早く見つけ、一番最初に旗を掲げた者だけが出版できるということになります。 https://t.co/ImBrHiZiMM
06-21 17:00

06/20のツイートまとめ

Tue

shuppanproduce

商業出版というのは、たんに印税を受け取れる出版ではありません。絶対に出版社に損をさせないつもりで企画を立て、売れなかったら原価分ぐらいは自分で負担するぐらいの覚悟か、または原価分ぐらいの冊数を売るしくみを用意するようにしましょう。 https://t.co/wmNBVU5RD0
06-20 06:00

出版を目指すなら出したい本のカテゴリーを明確にしよう(商業出版に必要な企画書) https://t.co/N8dPaU0HWx
06-20 17:00

06/17のツイートまとめ

Sat

shuppanproduce

検索エンジンにキャッシュさせる(アメブロから出版する方法) https://t.co/czM7W70NeP
06-17 06:00

安達晃さんの三冊目の企画が出版決定! https://t.co/Qs1Ti5Nzyr
06-17 13:25

出版社へ売り込みをする場合、企画書は必要不可欠なものですので、事前に企画書を書きながら頭の中を整理したとしても、その企画書は無駄にはなりません。企画書の書き方については、弊社で配布している「企画書の書き方」を参考にしてみてください。 https://t.co/1svBLvtQIJ
06-17 17:00

06/16のツイートまとめ

Fri

shuppanproduce

スケジュールの管理は社会人の基本ですが、出版業界では特に多くの職種の人が幾重にも及ぶ工程を経るため、一人の遅れが多くの人に影響を及ぼします。「少しぐらい」と軽く考えがちですが、出版におけるスケジュールは”絶対”と心がけましょう。 https://t.co/3kIayrdMQ0
06-16 06:00

桔梗有香子さんの『フレンチアンティークなアイシングクッキー』が3刷決定! https://t.co/qbOgOmppXt
06-16 11:23

著者としての「資格と実績」。資格はスキルなので、出版社の編集者を説得できればOKなので、ペンネームで構いません。しかし、実績は論拠として読者に納得してもらうわなければならないため、その本人でなければなりません。 https://t.co/8ANfweASuP
06-16 17:00