出版コンサルティングのケイズパートナーズ 出版コンサルティング@Google+ページ 出版コンサルティング@FBログ 商業出版するには@グルっぽ 商業出版への道@グルっぽ

2015.01
12
02


12345678910111213141516171819202122232425262728293031
HOME>2015年01月  TotalPages2 next

01/30のツイートまとめ

Sat

shuppanproduce

出版企画書の企画の切り口について考えよう(商業出版に必要な企画書) http://t.co/mNG63QbU7t
01-30 07:00

中尾豊さんの企画が出版決定! http://t.co/MVoe9Ojj1Z
01-30 10:55

カー亜樹さんの『ママを癒す産後ヨガ』が発売されました http://t.co/7Us6wvU1QO
01-30 17:55

著者になるということは、 専門家になるということでもあります。専門家になる以上、専門家としての立ち振る舞いが求められますし、逆に言えば、そういう立ち振る舞いをしている人を編集者としては著者にしたくなるということです。 http://t.co/PvwvsvVkW9
01-30 22:00

スポンサーサイト

01/29のツイートまとめ

Fri

shuppanproduce

売れそうなネタ、面白いネタとは、市場の需要があるネタのこと。そのネタが売れるかどうかや、面白いかどうかも自分では分からないと思いますので、需要があるネタを探してみましょう。需要があるネタとは、ニュースをチェックすると楽に見つかります。 http://t.co/ayUKquulee
01-29 07:00

第1回 江戸スタ 設立記念セミナー http://t.co/h8LlNYnzVJ
01-29 14:55

出版社に企画を売り込んだ時に、断られるのは次の4つの理由しかありません。「著者・企画・時期・条件」著者で断られるほとんどの場合が、その企画を書くに値する著者でないということです。 http://t.co/fxGC7FNNO0
01-29 22:00

田代政貴さんの『Facebookで集客・売上をアップする方法』が増刷が決まりました! http://t.co/HXYjHm0BoP
01-29 23:42

01/28のツイートまとめ

Thu

shuppanproduce

【メルマガ配信】読者ターゲットと内容を考える 著者デビューを実現するために必要な要素 Vol.172 http://t.co/CI4SJE9VWB
01-28 01:01

著者が直接企画を売り込むと、どうしても自分の企画を猛烈にアピールしまいがちです。その点、編プロは企画をお預かりする立場なので、企画を引いたり、俯瞰したりできるため、受け取る側の不安なども見えますし、指摘もしていただけます。 http://t.co/p1vuhtvykG
01-28 07:00

武藤正隆さんの企画が出版決定! http://t.co/PkVivaRtki
01-28 13:19

いろいろなネット媒体がありますが、それらを書籍化することは可能なのでしょうか?実際『電車男』にはじまり、ネット媒体から数々の作品が輩出されてきました。しかし、今となっては、それらネット媒体の書籍化は、ほとんどできないのが実情です。 http://t.co/vaydetNxIJ
01-28 22:00

01/27のツイートまとめ

Wed

shuppanproduce

出版社に企画を売り込んだとき、担当編集者さんが「この企画面白いですねぇ~、これはやりたいですね」と言われることがよくあります。もちろん、社交辞令の場合もありますし、乗せられて言っちゃうこともあるようです。 http://t.co/X1FrhEra8x
01-27 07:05

【東京開催 第二弾!】出版企画勉強会in東京 http://t.co/RoCR6blkFE
01-27 13:26

類似したテーマは、書籍の展開も類似しています。だったら、今流行っているモノ、流行りそうなモノの類似本を見つけ、その遍歴から、次はどういう本になるか先読みしてみては?そうすることで、一足先に企画を提案することができますよ。 http://t.co/lovX4RLKMh
01-27 22:00

神田さゆりさんの『34歳以上限定!年下彼氏の作り方』の増刷が決まりました! http://t.co/Cm3uHKNVa8
01-27 23:11

01/26のツイートまとめ

Tue

shuppanproduce

重要なことは、その企画書を読んでどんな本が出来上がるのか、その本を読むことで何ができるようになるのかがイメージできることだと思います。そのためには、どんな人がどんな切り口で、どんな構成で書かれるのかが出版社の方に伝わるかが重要です。 http://t.co/m9klSUOEAS
01-26 07:05

【東京開催 第一弾!】出版実現セミナーin東京 http://t.co/1Nu900U9Lu
01-26 13:12

両方揃うと、殺到する出版のオファー(一冊だけでは終われない!二冊目につなげる出版戦略) http://t.co/98gDiOtgKX
01-26 22:05

01/23のツイートまとめ

Sat

shuppanproduce

挫折経験や失敗経験など、非合理な人間味のあるエピソードも含まれると編集者に興味を持ってもらいやすくなりません。 http://t.co/At1BI9IsIU
01-23 07:05

年下彼氏の作り方・コミュニケーションセミナーIN東京に参加しました http://t.co/AMAvf9t3A8
01-23 16:56

共著で出版した時の効果(本を出版する方法) http://t.co/LqHItn3EXV
01-23 22:05

01/22のツイートまとめ

Fri

shuppanproduce

始めて出版する場合、企画を通すのに、著者であるあなたの肩書きは重要です。無名の著者では、読者はその内容を信用できませんが、同じ無名でも肩書きに「○○研究家」とか「●●コンサルタント」などの肩書きがあるだけで、何となく信用されます。 http://t.co/aDrqsYFC5X
01-22 02:06

図版は必ず、原稿のTXTファイルのどこにどの図版が入るかわかるようにしてください。JPEGファイルはできるだけ避け、BMPファイルを基本にしてください。オススメのソフトは「WinShot」です。本文は縦書き、キャプションは横書きです。 http://t.co/0BvEEspxiQ
01-22 07:05

第55回 団塊ジュニア世代の会は熟成肉で新年会 http://t.co/ZtEHy3KuSa
01-22 16:56

01/21のツイートまとめ

Thu

shuppanproduce

インターネット上で専門家としてブランディングする戦略(アメブロから出版する方法) http://t.co/htOTs4TM9H
01-21 02:05

出版物には“旬”というものが存在し、出版社の担当者にも“波”が存在します。今なら通るけど、一ヵ月後だと通らないこともあるのです。そのチャンスを逃さないためにも、できるだけ迅速な対応をするようにしてください。 http://t.co/pUjkmfoa0V
01-21 07:05

出版企画書で重要なこと(商業出版に必要な企画書) http://t.co/yyPrCJ1WIp
01-21 22:05

01/20のツイートまとめ

Wed

shuppanproduce

【米沢遠征 第二弾!】出版企画勉強会in米沢 http://t.co/BUyAdws2B7
01-20 21:56

【メルマガ配信】仕事につながる企画とは? 著者デビューを実現するために必要な要素 Vol.171 http://t.co/eBcHt41pdR
01-20 22:05

集客・売上を加速させるために出版の目的をから使い方を考えよう(集客・売上に役立つ出版の方法) http://t.co/whZPhWDvE6
01-20 22:05

01/19のツイートまとめ

Tue

shuppanproduce

【米沢遠征 第二弾!】出版実現セミナーin米沢 http://t.co/z2Wmgr9Xzm
01-19 12:12