出版コンサルティングのケイズパートナーズ 出版コンサルティング@Google+ページ 出版コンサルティング@FBログ 商業出版するには@グルっぽ 商業出版への道@グルっぽ

2017.01
12
02


12345678910111213141516171819202122232425262728293031
HOME>  TotalPages140 next

01/20のツイートまとめ

Sat

shuppanproduce

市場規模が分かる数字として、類書の売れ行きもあります。類書が売れていると、比較的サクッと企画の進行が決まると思います。ただし、売れていても、類書が3冊以上ある場合、市場が飽和状態と判断されるため、切り口を変えないと厳しいでしょう。 https://t.co/i3NhuderHS
01-20 17:00

スポンサーサイト

01/19のツイートまとめ

Fri

shuppanproduce

自分のネット媒体をパワーメディアにすることができれば、出版実現の近道になります。実際に出版が決まった面々を見ても、人や企画というよりも、その人が運営するネット媒体がパワーメディアになっていることが分かると思います。 https://t.co/x5s4d79j1x
01-19 17:00

01/18のツイートまとめ

Thu

shuppanproduce

プロフィールは、その企画の著者として資格をアピールする項目です。著者の資格ですから、当然、実績や経験から、この内容を書ける人だということが伝わる必要があります。実績や経験も無ければ、その内容は机上論の本になってしまいますからね。 https://t.co/YArcgDecIT
01-18 06:00

考えれば分かることですが、出版するということは、出版社はあなたの企画に投資をしてくれるということになります。それなのに、当の本人が売れるかどうかより、書きたいことを優先するのって、出版社にとって失礼だとは思いませんか? https://t.co/rly38s5mrw
01-18 17:00

京都での出版実現セミナーに参加してくださった中川千佳子さんの企画が出版決定! https://t.co/8RHhrN5mhm
01-18 18:16

01/17のツイートまとめ

Wed

shuppanproduce

出版企画書の構成案(目次案)について考えよう(商業出版に必要な企画書) https://t.co/vDd3j3uySy
01-17 06:00

第8回だいのみ。に参加しました https://t.co/B3GLm3dODd
01-17 16:16

著者名は本名か? ペンネームか?(書籍を書きたい、出したい、執筆したい) https://t.co/g7Dnpzc1JR
01-17 17:00

01/16のツイートまとめ

Tue

shuppanproduce

もし、ブログの書籍化を目指すのであれば、無料で公開しているデジタルコンテンツを有料のアナログコンテンツにコンバートするのですから、そこに何かしらの必然性がないと難しいでしょう。 https://t.co/gFDElXCeBp
01-16 06:00

本当のその企画で出版しても大丈夫ですか?(出版企画の立て方、考え方) https://t.co/8Nh4PJhtcX
01-16 17:00